スキンタッグが気になるなら正しく治療しよう

女の人
化粧品

気軽に楽しめる旬のメイク

様々なメイクを楽しみたい女性たちに支持されているのが、手頃な価格と高品質が魅力のプチプラのコスメです。ドラッグストアなどの身近な店舗で気軽に購入できることや、持ち運びに便利な容量・パッケージも人気の理由です。

サイズも見極めるポイント

鏡を見る婦人

ケアできるイボ

エイジングサインとして老人性イボの一種にはスキンタッグが体の一部に現れる場合があります。特に、年齢が出やすい首をはじめ、瞼や鼠径部などに盛り上がった状態で現れます。肌色から褐色かかったもの、大きさも一ミリから三ミリ程度のブツブツしたイボであるのが特徴です。スキンタッグであれば限りなく良性腫瘍ですから心配は不要ですが、類似するアクロコルドンも次々と増殖することも多いため、スキンケアは20代からでも必須です。万が一にもスキンタッグではなく、悪性のイボの可能性があるとするならば、その良し悪しの判断も初期段階からの観察で見極められます。一概には言えないものの、急に大きくなる・出血する・色が濃くなる・痛み出るなどがポイントです。特に素人目にも判断がつく大きさでは、七ミリ以上で皮膚科を受診するのが適切な判断です。良性でも違和感がある場合、摘出処置も医療機関で相談でき、傷跡も小さく、負担も少ない美的オペも可能です。加齢はもちろん、擦れや紫外線などが主な原因で、怠りがちなのは首やデコルテラインのケアです。日焼け止めなどによる紫外線対策は必須で、スキンタッグにはタンパク質やビタミンB類など、美容に欠かせない栄養素を含むハトムギ化粧品を導入するのも対策です。古くからイボ取りの漢方に用いられているハトムギ種子エキスや発酵液、油などが配合された化粧水やクリームなどでしっかりケアすることが、増え続けるイボには大事です。

メイク

スキンケアを簡単にする

特にお仕事をしている女性は、毎朝のメイクアップが欠かせないという方が多いです。多機能コスメなどを活用することで、時短することも可能なのです。オールインワンジェルやBBクリームなどを使用して、メイクを簡単に済ませましょう。

お尻

摩擦を軽減させる

「お尻ニキビ」ができる最大の原因は摩擦です。普段の生活で刺激を与えないように気をつけましょう。また、セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分が入った化粧品を使ってターンオーバーを正常化させることも大切です。