スキンタッグが気になるなら正しく治療しよう

ウーマン

摩擦を軽減させる

お尻

保湿が大事

お尻ニキビの最大の原因は摩擦で、治すためには刺激を与えない生活を意識しなければなりません。摩擦をおこすと角質が厚くなり、それが毛穴を詰まらせてニキビへと発展するのです。特にターンオーバーが乱れやすくなる30代は、角質が厚くなりやすいので注意しなくてはなりません。ターンオーバーを正常化させるために、保湿性に優れた化粧品を使いましょう。水分を与える成分で代表的なのが、セラミドとヒアルロン酸です。2つとも元々体内でつくられる成分ですが、年齢を重ねると生産されにくくなるので、外側から与える必要があります。ヒアルロン酸は分子が大きいので、ナノ化され粒子を細かくしているか確認しておきましょう。また、化粧品を使うタイミングも、お尻ニキビを改善するために重要なことです。商品にもよりますが、1日に2回つけるとニキビの治りが早くなると言われています。朝出かける前と、成長ホルモンが分泌されやすい就寝前に使いましょう。そしてライフスタイルを見直すことも、お尻ニキビをできにくくするためのポイントです。バスタイムでボディーソープや石鹸で体を洗う時、力を入れ過ぎないように気を使わなくてはなりません。石鹸がついたまま放置することもお尻ニキビの原因となるので、洗い残しがないようにしましょう。また、座っている時間はずっとお尻に刺激を与えていることになります。摩擦を軽減させるためにも、クッション性の高い座布団を敷きましょう。